大人の矯正歯科|国立で矯正歯科の歯医者なら、国立駅徒歩2分の国立すずき矯正歯科

国立の矯正歯科治療は国立すずき矯正歯科へ

初回ご相談無料 受付 10:30~19:00
休診日:月曜・水曜午前・祝日(日曜は月一回診療)

ご予約・お問い合わせ

0425759024

  • いますぐネット予約
  • 2017年歯医者さんがおすすめする歯科医院に選ばれました

大人の矯正歯科

目的とご希望にマッチした最適な矯正歯科治療

目立たない装置による成人の矯正歯科治療

目立たない装置による成人の矯正歯科治療

ひと昔前までは、歯並びを治すため銀色の装置をつけたりすることもありましたが、現在では材質が向上し、治療方法も多岐にわたるようになりました。
今までは歯の表面に銀色の装置をつけていた部分が、白いセラミック製の装置や歯の色に似た装置などになり、最近では中に入れる金属線が白い針金などもあります。
また、歯の裏側から1本1本の歯の位置をコントロールできたり、移動量が少なければマウスピースによる矯正治療も可能です。
国立すずき矯正歯科(旧称:板倉歯科・矯正歯科クリニック)では、患者様のご要望をお伺いしながら、最適な装置をご提案します。お気軽にご相談ください。(初診相談は無料です)

患者様にとって快適な矯正歯科治療

患者様にとって快適な矯正歯科治療

矯正歯科治療を始めるときに、患者様から「治療の間、歯は痛くなりますか?」とよく質問を受けます。「矯正していると歯が痛くなる。」というイメージは患者様の間でもお持ちの方は結構多くいらっしゃると思います。
当院では、「セルフライゲーション」方式の装置を扱っております。今までは歯についている装置と金属線をゴムや細い針金で固定していたのですが、この「セルフライゲーション」方式では装置についているふたを閉めることで金属線をとめます。そうすることで、今までよりも弱く自然な力で金属線をとめますので、その結果、今までの装置よりは痛みが少なくて済みます。
また、この金属線もお口の中の温度変化によって活性化がコントロールできるものを使用しております。痛みの感じかたには個人差がありますが、矯正治療の間の痛みが心配な方にはぜひこの最新式のセルフライゲーション方式の装置をお勧めしております。(表側からと裏側からの両方ございます)

部分矯正や歯を抜かない矯正にも対応

部分矯正や歯を抜かない矯正にも対応

治療の目的や患者様のご要望によっては、上の歯だけとか奥歯の部分だけなど部分的な矯正歯科治療も行っております。また、患者様のご要望をお伺いし可能であれば歯を抜かないで矯正歯科治療を行っております。
どうぞ、お気軽にご相談ください。(初診相談は無料です)

主な矯正歯科治療方法

メタルブラケット矯正

いわゆる昔から存在する金属のブラケットです。丈夫で壊れにくく、リーズナブルな価格ですが銀色のため目立ちます。

クリアブラケット矯正

セラミック製など材質はいろいろとありますが、基本的に白色や透明であり、目立ちにくいです。ただし、壊れにくくするためメタルブラケットより厚みがあったり、メタルブラケットによる矯正より高価になることがあります。

舌側矯正

歯の裏側に装置を着ける方法です。表から見て全くわからず目立つことはありませんが、場合によっては異物感を大きく感じたり、発音や慣れるまでに時間がかかることがあります。また、費用はかなり高価になります。

ハーフリンガル

上あご、もしくは下あごのどちらかを歯の裏側から装置をつける方法です。両方とも裏側から装置をつける場合よりは少しリーズナブルになります。

インプラント矯正

歯を動かす際の固定源としてインプラントを使用する方法です。咬み合わせによっては効果的な場合があります。

マウスピース矯正

透明なマウスピースによって歯を動かします。取り外しが可能な装置で、歯みがきはしやすいですが、長時間装着できないと歯の動きが遅いことがあります。

成人矯正歯科の症例

27歳 男性 治療期間1年3か月

反対咬合の患者様です。

  • 治療前(上顎)

    治療前(上顎)

    前歯の咬み合わせが逆になっております。

  • 治療後(上顎)

    治療後(上顎)

    上の前歯の部分が下よりも前に位置しています。

成人矯正歯科の症例

24歳 女性 治療期間1年11か月

出っ歯の患者様です。

  • 治療前

    治療前

    上の歯がかなり出ています。

  • 治療後

    治療後

    上の前歯全体を後ろに後退させました。

ページトップへ戻る