子どもの矯正歯科|国立で矯正歯科の歯医者なら、国立駅徒歩2分の国立すずき矯正歯科

国立の矯正歯科治療は国立すずき矯正歯科へ

初回ご相談無料 受付 10:30~19:00
休診日:月曜・水曜午前・祝日(日曜は月一回診療)

ご予約・お問い合わせ

0425759024

  • いますぐネット予約
  • 2017年歯医者さんがおすすめする歯科医院に選ばれました

子どもの矯正歯科

小児矯正歯科で大切な3つのポイント

ポイント1.成長期だからこそできるあごの骨の成長のコントロールの重要性

ポイント1.成長期だからこそできるあごの骨の成長のコントロールの重要性

小児の矯正歯科治療では上と下のあごの骨の成長ということが関係してきます。なぜなら、あごの骨は歯が並ぶ土台ともなり、上下のあごの骨の「位置関係」や「大きさ」は、その後に生えてくる永久歯に非常に大きな影響を与えます。
上と下のあごの位置関係が悪いままにしておきますと、成長によりますます悪化する可能性もあります。そして、成長期が終わってしまうとあごの骨の位置を治すことはできません。治すには矯正歯科治療の他に外科手術などが必要になります。
ですので、小児の成長期の時にこそ、あごの骨の位置や大きさがいい状態かどうか診査し、今後の成長を考え、必要があれば、あごの骨の成長を正しい方向へコントロールすることはとても大切です。

ポイント2.上あごと下あごの成長の違いを考えた治療方針

ポイント2.上あごと下あごの成長の違いを考えた治療方針

実は、上あごと下あごの成長時期は異なります。まず、上のあごの方が先に成長していき、そのあとに身長の伸びるときに下あごが成長していきます。
このため、思春期に入ったころから「最近、下あごが出てきて受け口のようになってきた。」など成長による変化で歯の咬み合わせが変わってくることがあります。このような時はあごの骨の位置や個々の歯の咬み合わせとともに、手のレントゲンから骨の状態を診査し、治療方針や方法を決めていきます。

ポイント3.上の前歯の位置を整えること

ポイント3.上の前歯の位置を整えること

小児の矯正歯科治療は乳歯と永久歯が混在している混合歯列期なります。この時に、上の前歯の位置はとても大切です。上の前歯の位置が悪いままにしておきますと、その位置に合わせて下のあごが咬むようになり、場合によっては下あごの成長が悪い方向に誘導されてしまうことがあります。
ですので、上の前歯の位置に問題があれば矯正歯科治療により整えて、そのあとのあごの成長や永久歯の萌出をいい方向に誘導することが必要です。また、咬み合わせの状態によって、あごが狭い場合はそのあとの永久歯の萌出交換を考えて、矯正歯科治療であごを拡げたりすることもあります。拡がったあごの状態で、上の前歯を矯正歯科治療で整えていきます。

国立すずき矯正歯科の小児矯正歯科治療

国立すずき矯正歯科の小児矯正歯科治療

国立すずき矯正歯科(旧称:板倉歯科・矯正歯科クリニック)では、患者さんとなるお子様になるべく無理がなく負担にならないように、治療開始時期や装置に配慮して治療プランを考えております。
治療開始時期に関しては、咬み合わせの状態によりますが、場合によっては3歳ころの乳歯列期から早期治療を行うこともあります。ですので、お子様の歯並びで何か気になることがあったら早すぎるということはありませんので、一度ご相談ください。その時にすぐに治療開始とならなくとも年齢、成長の度合や永久歯の萌出状況をみて「また、○か月後に見せにいらしてください。」と矯正歯科の専門的な立場からアドバイスができます。そのうえで、お子様にとっての最適なタイミングになったときに矯正歯科治療について改めて提案させていただきます。
また、ひとくちにあごを拡げる装置といっても何種類もあります。もちろん咬み合わせの状態やどのくらい永久歯の萌出の余地が不足しているのかによって変わりますが、なるべくお子様の負担にならないように、口腔衛生状態なども見ながら装置を決めております。
一般の歯科医院で気付かれなかったことが矯正歯科専門医院で見つかることがあります。お子様の歯並びで何か気になることがあったり、異変を感じたときはもちろんですが、不安を感じたり、正常に見える場合でも一度、ご相談下さい。(*初診相談は無料です)

小児矯正歯科の症例

9歳 治療期間:1年3か月、治療費(税込):216,000円~

上のあごが狭く、永久歯の生えてくるスペースが足りない患者さんです。上あごを拡げて、前歯の位置を整えるということをしました。(※患者様のご要望により審美的なブラケットを使用する場合など、別途費用が掛かることがございます。詳しくは当院までお問合せください)

  • 治療前(正面)

    治療前(正面)

    上の横の前歯が生える上の歯列のスペースが足りない状況です。

  • 治療後(正面)

    治療後(正面)

    横の前歯が入りました。

  • 治療前(上顎)

    治療前(上顎)

    上の歯列が狭いので拡大をしました。

  • 治療後(上顎)

    治療後(上顎)

    拡大されて上の歯列の形も変わっています。

ページトップへ戻る